スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢をかなえるゾウ」水野敬也氏著。ガネーシャふたたび



いきなりブラックガネーシャの動画から入りましたが、純粋に、古田新太さんが演じるガネーシャが
最高に好きです。2008年に放送された「夢をかなえるゾウ」のドラマは、小栗旬さん主演のスペシャル
ドラマも、水川あさみさん主演の連ドラも、すごく面白かったです。

連ドラ「夢をかなえるゾウ」の主題歌のseamoさんが歌う「continue」も、3年ほど経った今でも私が一
番好きな曲です。

「夢をかなえるゾウ」のガネーシャに影響されまくって生きてきた私ですが、恥ずかしながら、
水野敬也氏著作の原作本「夢をかなえるゾウ」を読んだのは、実はごく最近でした。

gane.png

「自分、本当に変わる気あるん??」

そんなガネーシャの声が聞こえてきそうな、臨場感で、「夢をかなえるゾウ」を読み進めました。

自分を変えたい、変わりたいのに、変わってやるんだ!そういつも決意するのに、数日後には
挫折してしまっている駄目な自分…主人公のやりとりが自分と重る重なる。。ドラマを観てう
ける影響とはまた違ったかたちで、ガネーシャの教えを肌で実感してるようでした。

ドラマでは、主人公の水川あさみちゃんを応援!ってかたちも入ってたけど、原作本を読むに
あたっては、もろ自分を主人公と重ねてみちゃいますね。

靴をみがく

人の長所を盗む・・

すぐにこなせそうなことから、ちょっと勇気がいることまで、ガネーシャの課題をひとつひとつ
ゆっくりこなしていくと、少しだけ、自分が好きになれるような予感がします。

自分と、向きあうことだから。

夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
水野 敬也

飛鳥新社 2007-08-11
売り上げランキング : 157

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

日テレ水曜ドラマ「リバウンド」を脚本家から楽しむ

日テレ水曜ドラマ「リバウンド」の第3話の録画したのをさっきやっと観ました。

あの銀色の薬を常用する相武紗季と速水もこみち、なんだか怪しい感じの展開になって
きましたねぇ~

新ドラマを観るとき、いつも気になってしまうことがあるんですが、それはどの方が
脚本されているのかということです。けっこう制作スタッフによって特色があったり、
安心してみられる?ような感じがある気がします。

関東ローカルだけかもしれませんが、夕方のゴゴドラの放送枠で大野智さんの「怪物くん」が
再放送になっているので、もしかしたらリバウンドも同じ制作スタッフさん!?と思ったのですが、
調べてみると、菅野美穂さん主演の「曲げられない女」の脚本家・遊川和彦さんがリバウンドの脚本を
担当されているそうです

遊川和彦さん脚本の代表作は、「女王の教室」や「さとうきび畑の唄」だそうです。
ダウンタウンの浜田雅功さん主演「十年愛」(1992年)や松嶋菜々子さんの「百年の恋」(2000年)も
手がけられていて、リバウンドも、今後ますます面白くなっていきそうです。

速水もこみちさんのドラマは、ここ数年は残念ながらちょっと…と思う作品が多かったのですが、
リバウンドは久々に速水もこみち全開!な気がします。役にはまっているといいますか…
設定に違和感がないといいますか…安心して楽しめてます☆彡これも脚本のおかげでしょうか。

速水もこみちさん、実生活でも料理男子、スイーツ男子なんていいですねェ~


【送料無料】MOCO飯 きみを笑顔にする料理

【送料無料】MOCO飯 きみを笑顔にする料理
価格:1,700円(税込、送料別)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

スイートプリキュアのキュアリズムのキャラ弁当を作りたい!だけど・・・

「キュアリズムのお弁当をつくって~!!」

幼稚園のお弁当の日がくるたびに、スイートプリキュアのキュアリズムのキャラ弁当を作ってほしい!と無理難題
をリクエストしてくる我が娘。

ブログなどにアップされている、ありがた~いキュアリズムのキャラ弁の画像を参考にさせて頂いて、
今日こそキュアリズムのキャラ弁を作るぞ!!と母、気合を入れるのですが、なんというかこの南野奏さん。
とてもキレイなお顔立ちをしてらっしゃる。そして、キャラ弁の達人の方々は、見事にそのキュアリズムを
再現されていて脱帽なのです。とてもとても私ごとが真似できるレベルではないクオリティーの高さです。

でも、あまりに娘がキュアリズム弁当としつこいので、母も諦めました。
私のできる範囲でキャラ弁をつくろう!と決意し、

卵に片栗粉とお塩を混ぜて、キュアリズムの髪の毛作り。リボンはハムをキッチンバサミでチョキチョキ。
顔はご飯。肝心要の南野奏さん最大のチャームポイントの瞳は、、複雑な構成は早々に諦め、のりに
ご飯つぶで対応しました。

rizm.png

一応(汗)

スイートプリキュアのキュアリズムのキャラ弁です!(笑)← 母、笑うしかない

娘の反応といえば、このクオリティでも満足そうでした(笑)
頑張って挑戦したことに意義があったのかな。。

まだまだ精進が必要です。

【送料無料】はじめてのキャラ弁

【送料無料】はじめてのキャラ弁
価格:680円(税込、送料別)




テーマ : お弁当
ジャンル : 育児

スイートプリキュアのイラストを娘とお絵かきしました。

prirast.png

スイートプリキュアのイラストを描くことにハマっている5歳の娘。
たまには私も一緒にスイートプリキュアを描いてみようということになって、
挑戦することに。

やっぱり難しいもんですね(汗)衣装を描くのは諦めました。色は娘にまかせて母は終了。
途中まで色を塗って、娘は違う遊びに移行…トホホ

娘のお気に入りは、とにかくキュアリズムこと南野奏ちゃんで、寝ても冷めてもって感じです。
これで謎のプリキュアのキュアミューズの正体が判明し、新たに活躍するようにでもなったら、
2代前のフレッシュプリキュアの時に、キュアピーチからキュアパッションにあっさり乗り換え
たようになってしまうのかどうか…娘の動向を見守りたいと思います(笑)

私個人の意見としては、ハートキャッチプリキュアのキャラクターの描き方がどうも苦手とい
うか、フレッシュプリキュアの方が可愛かったなぁ~と思っていたので、スイートプリキュアの
絵のタッチがフレッシュプリキュアと似ていて安心して観ていれる感じです。

性格は、ハートキャッチプリキュアのキュアブロッサムの、あのなんともいえない不器用な
感じが好きでしたが。

スイートプリキュアも来年の2月で終わってしまうのかな、と思うと、今からトホホな母なのでした。




テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

「名前をなくした女神たち」のドラマは脚色されているのか否かというお話。



フジテレビ系火曜9時放送のテレビドラマ「名前をなくした女神たち」のエピソードは、
やっぱりテレビドラマだし、ちょっとオーバーに脚色されてるんだろうなぁ~と勝手に
判断しながらドラマを観賞していたんですが、

5月4日放送の「グータンヌーボ」で、この「名前をなくした女神たち」に主演の杏さんと
倉科カナさんが出演されていて、実際にお受験を視野にいれた幼稚園に通う(あるいは通っていた)
ママさんたちに取材したところ、

とてもドラマにはできないようなエピソードもあって驚いたと話されていて、実際に幼稚園に
リアルタイムに通う娘がいる自分もビビりました。

たとえば、

小学校のお受験の当日の朝に、同じ小学校を受験する他の子のお宅に消防車を呼んで、
受験に遅れさせる、行かせなくさせることを企てる親が実際にいた、とか。

他のお友達の親に受験番号を教えてしまい、受験に合格したら、その小学校に「入学辞退」
の電話を本人になりすましてかけられたりとか。

リアルのほうが残酷すぎて、ドラマはそれを削っていって表現されていると淡々と語る杏さん。。
マジで焦りました。

現実に、そういうことってあるんですね(汗)勉強になるなぁ~

「名前をなくした女神たち」が一部の幼稚園のケースにしても、脚色されていない、となると、
なんだか残念な気持ちにもなりますが、

こんなにのほほんと幼稚園児ママやっている私も「〇〇ちゃんのママ~」と呼ばれるのは日常茶飯事
で、もう当たり前になってしまっていて、「名前をなくした」なんてテレビドラマで形容されなければ
「あなた名前なくしてますよ~」って事実に気づきもしなかった気がします。
緊張感や危機感なさすぎで駄目ですが(汗)

実際、このドラマの影響も少しはあるのかないのか、最近になって、幼稚園のママ友がお互いの名前で
呼び合うようになりました。ドラマのことは理由にはいっさい出てきませんでしたが。

でも、きっと、「子供優先」で仕事もセーブして数年間を過ごしてきた母親達の、心の奥底に
眠っていた熱いなにかに、ひそかに火をつけたんではないでしょうか。

少なくとも、私は「このドラマが私のリアルじゃない」と、否定したかったので、
自分を見つめ直すきっかけになり、ありがたかったです。


ママ友同士の距離感、これは世の中の永遠のテーマのひとつであることは
間違いないですが、いつもママ友達のみなさんには助けられていることばかりで
1にも2にも感謝、感謝です。








テーマ : 2011年 テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

ぴょんきち

Author:ぴょんきち
未就学児2人を子育て中です。うっかりものの母ですが、自分も子供と一緒に成長していきたいな、としみじみ思う今日この頃です♪一度きりの人生、楽しまないとソンソンソン♪だな、と。

新聞奨学生をしながら葛藤していた大学時代の痛すぎる(笑)過去日記もひっそり公開中。

☆彡
FXニュース
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。