スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも、どこかで、誰かが頑張っている

子供を産んでからここ最近、
日中は四六時中抱っこしてないと泣いてしまうので、
家族が寝静まった深夜に家事をこなしている。

台所に立って煮物をグツグツ煮ていると、
窓の外から、新聞を配るカブのあの独特の一定音が
聞こえてくる。

ブー、ガチャン、ブー

数年前までは、全く逆の立場だった。

新聞を配りながら、もう深夜3時なのに
まだ明かりがついている家の窓を見上げて、

「夜更かししてんのかー」と
羨ましく思ったり、まったくもう、と思ってしまったり、
明かりがついてて人がまだ起きている気配を感じて
少しホッしたりしていた。

私の家の明かりを見て、外で新聞を配っている人が
どう思ってるかは定かではないけど、
みんな寝静まった深夜に、ひとりキッチンの明かりだけで
煮物を煮ている私は、
新聞屋さんが新聞を配っている気配を感じて
なんだか癒されたりしているのだ。

いつも、どこかで、誰かしらは頑張っているのだなーと
励まされたりするのだ。
関連記事
最近の記事
カテゴリ
プロフィール

ぴょんきち

Author:ぴょんきち
未就学児2人を子育て中です。うっかりものの母ですが、自分も子供と一緒に成長していきたいな、としみじみ思う今日この頃です♪一度きりの人生、楽しまないとソンソンソン♪だな、と。

新聞奨学生をしながら葛藤していた大学時代の痛すぎる(笑)過去日記もひっそり公開中。

☆彡
FXニュース
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。