スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッ!とした夢の話。

ここ2ヶ月くらいで、
3回くらい同じ夢をみた。

新聞奨学生から脱してから、
もう何年も経っているっていうのに、
私は当時働いていた販売所になぜかいて、
夕刊配達の準備をしているのだ。

まわりにいるメンバーも懐かしの面子が揃っていて、
チラシを組んだりしている。。

で、ここから少し記憶がとんで…

「そういう理由だから、
今日はやっぱり配達しなくていいよ~」

と誰かに言われ、

「そうだよな、私、もう新聞配達辞めてるし。
 私が新聞配る必要ないんだよね。。」

と納得して家に帰るのだけど、

その後必ず私が欠配したことになっていて、
もうあたりは真っ暗になるくらい夜だって
いうのに、今から配ってこい!!って
言われて焦りまくるのだ。。

そして、ハッと目が覚めて
「夢だったんだ~!!」となる(苦笑)

過去に新聞配達してたことさえ忘れぎみだった
今日この頃だったのに、リアルにあの頃のことが
思い出されてそりゃぁもう苦笑い(笑)

でも、ホント、夢でよかった~(ホッ)

関連記事
最近の記事
カテゴリ
プロフィール

ぴょんきち

Author:ぴょんきち
未就学児2人を子育て中です。うっかりものの母ですが、自分も子供と一緒に成長していきたいな、としみじみ思う今日この頃です♪一度きりの人生、楽しまないとソンソンソン♪だな、と。

新聞奨学生をしながら葛藤していた大学時代の痛すぎる(笑)過去日記もひっそり公開中。

☆彡
FXニュース
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。