スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽体離脱を経験する。

集金が始まり、ドタバタと毎日を過ごしている。
8月も終わりに近づき、残暑はまだまだ厳しいけど、
暗くなる時間が早くなったなぁ~などと、
夏の終わりを感じてしまう今日この頃である。
夏を振り返って、、、
今年は例年にも増して、心霊特集のテレビ番組が多かった
ような気がする。それらを目にするたびに、
「うぅっ」っと低くうめいてしまう自分がいた。

私は、霊の存在は信じているけど、実際見たことはない。
奨学生になってから初めて、金縛りにあうようになった。
それはまぁ、疲れからだろうと思う。

今年の春先に、幽体離脱を経験した。

その日は、かなり疲れてた。
夕刊後拡張に出たりして、クタクタになって帰宅し、
玄関から布団までの道のりにジャージを脱ぎ捨て、
そのままバタンと寝に入った。
疲れすぎて寝つきが悪いのかなぁなどと、
まどろんでる中でぼんやり思っていると、
きゅうにふわっと何かから離れる感覚に襲われた。

暗闇の中で、でもはっきりと、
左腕を伸ばして、その上に頭をのせて横になってる
自分の姿を見てしまった。
「ななななな???」と驚愕していると、
フワフワしている自分はゆっくりとドアの方へ動きだし、
下には脱ぎ捨てたままのジャージが見えた。
玄関ポストの取っ手に手が届きそうになって、
急に激しく恐ろしくなって、「戻らなくちゃ!」と思い、
ユーターンしたら、自分の体に戻ることができた。
クターと疲労感いっぱいな感覚のままガバッと顔を上げ、
思わず声にならない悲鳴をあげてしまった。

友達に話しても、今のところ鼻で笑われている。
信じてもらえないのは仕方がない気がする。
高校時代、自分の姉が、
「なんか昨日幽体離脱しちゃったよ」と顔色悪く言っていたが、
「またまたまたまた~」と全然信じてなかった自分がいたし。

でもその1件から、霊がいるかどうかも判断がつかないという
考えから、霊的なものはこの世に存在するんだろうなぁと
考えをあらためた。
やっぱ実感ってものは恐ろしい・・(><)ふい~

しかし!
おばけとか怖い話しとかが、大の大の大の苦手なので、
たまに朝刊中の暗がりの中でふと怖くなると、
「おじいちゃんおばあちゃんお守り下さい。」と
天国の祖父母に、声をあげて必死に手をあわせるのであった。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

ぴょんきち

Author:ぴょんきち
未就学児2人を子育て中です。うっかりものの母ですが、自分も子供と一緒に成長していきたいな、としみじみ思う今日この頃です♪一度きりの人生、楽しまないとソンソンソン♪だな、と。

新聞奨学生をしながら葛藤していた大学時代の痛すぎる(笑)過去日記もひっそり公開中。

☆彡
FXニュース
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。