スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左利きの私。

お客さんの横で、契約カードを作成していると、
ほとんど決まって言われることがある。

「あら~、よく左で器用に書くわね~」

そして、
「親御さんは、直したりしなかったの?」
「左利きって器用なのよね」
と続く。

私は、箸も、鉛筆も、包丁も、すべて「左」だ。

小学生の時、担任の先生から書き方鉛筆を渡され、
右利きに直すように指導された。
5年生の時の夏休みの宿題に、
あいうえおを右手で書きなぞるプリントを30枚も
出された。

よく親や先生に質問した。
「なんで右利きに直さないといけないの?」って。

「みんな右利きだからだよ」
そう言われても、ちっとも納得できなかった。

というわけで、
渡された書き方鉛筆をほっぽりなげ、
出された宿題は全く手をつけず、
ぴょんきち右利き矯正作戦は失敗に終わった。

左利きだからって得したなぁってこともないけど、
左利きだから不便だって思ったことも特にない。

でも、社会が、右利きに便利なように考えて作られてる
ってことを、左利きゆえに気づきやすいこともある。

例えば・・・
自動改札口も、自動販売機のお金を入れるところも
右についている。
センター試験の数学の問題は、左に問題が書いてあり、
右に計算スペースが空けてある。

私は普通に左手をクロスすることで、それらに対応している。

「左利きは器用」ってのは、私には当てはまらないと思う。
箸は左だけど、書くのは右に直された人がいるならば、
それは間違いなく器用だと思うが、私はすべて左だから、
器用な根拠がなかったりする(^^;)
っていうか、てんで不器用。。

と、なんでツラツラ書いているのかというと・・
右利きの人から見て、そんなに左利きは不思議なものなのかなぁと
たまに???と思ってしまうからなのであった。

だって私には右利きの人がごく自然なんだもんさぁー。

でも、左利きで珍しくてお客さんに名前を覚えられたりするから、
お徳なのかもしれないなぁ~。
ニヤリ(^へ^)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

ぴょんきち

Author:ぴょんきち
未就学児2人を子育て中です。うっかりものの母ですが、自分も子供と一緒に成長していきたいな、としみじみ思う今日この頃です♪一度きりの人生、楽しまないとソンソンソン♪だな、と。

新聞奨学生をしながら葛藤していた大学時代の痛すぎる(笑)過去日記もひっそり公開中。

☆彡
FXニュース
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。