スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしかして恵まれているのかも…と思う。

どっか~ん!
今日、やっと、長かったテスト期間に終わりをつげた!わぁ~い!
がんじがらめにされてた心が、大きく解き放たれたって感じっす!
明日から、なっつやすみー。ま、大して変わらない日々だけど・・・

テストが終わった後、
久々に同じく留年した大学の友達と、昼食をとりながら大いに語り合った。

その彼女は、居酒屋のバイトで生活費を自分で稼いでいる。
新聞奨学生と同じく昼夜逆転労働で、毎朝睡魔と闘っている同志だ。

今日はお互い仕事が休みだったので、大学の事やら、生活のことやら、
女同士のおしゃべりは果てしなく続いたわけである。

それから家に帰って、ふと思った。
「新聞奨学生」って立場は、すごく恵まれてるのかもしれないって。

仕事は楽なもんじゃないし、その上学校と両立しなければならないし、
貸付け金のことを考えたら契約途中で辞めることもできないし、
厳しい面は承知の通りたくさんある。

でもその反面、奨学生制度に守られてる部分もたくさんあるんだよね。
万一、けがや病気で仕事を休むことがあっても、生活は保障されている
わけだから。

バイトの時給で生活費を稼いでいる人達は、
けがや病気で動けなかったら、ダイレクトに生活に響いてしまう。
バイトのシフトをたくさん入れても、ある金額を越えたら、
保険でかなり引かれてしまったりする。
その中で、必死に頑張っている人達がいる。
私の大学の友人も、その一人だ。

「新聞奨学生は普通の大学生と違うからね」ってよく使ってしまうけど、

奨学生とは形が違っても、
世の中には、いろんな自立の仕方があるんじゃないかって思えた・・
新聞奨学生の立場っていうのは、ほんの一例だって。

「しんどい、しんどい」って言ってばっかいないで、
おごらずこれからも頑張っていこうって肝に銘じたのでありました。

反省。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

ぴょんきち

Author:ぴょんきち
未就学児2人を子育て中です。うっかりものの母ですが、自分も子供と一緒に成長していきたいな、としみじみ思う今日この頃です♪一度きりの人生、楽しまないとソンソンソン♪だな、と。

新聞奨学生をしながら葛藤していた大学時代の痛すぎる(笑)過去日記もひっそり公開中。

☆彡
FXニュース
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。