スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒飴のおばあちゃんの思い出。

今日は風があって比較的過ごしやすく、夕刊配達ものぉんびりとしたもんだった。

何年も同じ区域を配っていると、あんなことがあったなー、こんなことがあったなーとふと思い出を回想しながらの配達になってしまったりする。
(あまり考え事をしてると事故るので気をつけましょう。)

たまに、黒飴のおばあちゃんについて思い出す。
そのおばあちゃんは、2紙もうちから購読して下さっていて、ご主人と二人で、お庭のとっても綺麗な、立派な一軒家に住んでいた。とっても品のいい方で、田舎育ちの私は、オババといえば田畑ともんぺ姿を連想するような感じだったので、なんだか新鮮な思いでそのおばあちゃんと接していた。
おばあちゃんの口癖は、「あなた健康に気をつけるのよ、人間はそれが一番ですからね」で、集金の時、ほとんど毎回身体に良いからと、黒飴を2、3個私にくれた。そしてそれが3年くらい続いた。

桜が満開をむかえる月にいつものように集金に行くと、玄関先にご主人と娘さんが出てこられたので「おばあちゃんは今日はお出かけですか?」と聞くと、おばあちゃんは、つい一週間前に急逝したと告げられた。眠ってる間に亡くなられたとのことだった。私は思わず、かぶっていたヘルメットを取り、仕事も忘れて泣いてしまった。私はちょうどその頃、食中毒で休んでいたのから復活したばかりだったので、
お通夜もお葬式もわからず、その事がなおさら無念だった。

それから1年以上が経った現在でも、ご主人が新聞を取って下さっている。
今では集金の時、これまたダンディなおじいちゃんに
「私がもうちょと若かったら、お姉ちゃんに結婚を申しこんどるぞ」
とからかわれている。
御年八十数歳、いつまでもお元気でいてほしいと願うばかりである。

そう、黒飴をなめながらそう思うのである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

ぴょんきち

Author:ぴょんきち
未就学児2人を子育て中です。うっかりものの母ですが、自分も子供と一緒に成長していきたいな、としみじみ思う今日この頃です♪一度きりの人生、楽しまないとソンソンソン♪だな、と。

新聞奨学生をしながら葛藤していた大学時代の痛すぎる(笑)過去日記もひっそり公開中。

☆彡
FXニュース
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。