スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上京

3月の晴れた日にひとりで上京した。

大学の試験以来、2回目の東京だった。

羽田空港からモノレールに乗ると、
以前来たときは見る風景、見える風景すべてが
新鮮で、流れる景色に乗り出すくらい目が釘付けだったけど、
2回目のモノレールはやたら車体が揺れるのが気になって
なんだか乗り心地が悪かった。

奨学生会館に昼過ぎに到着すると、
女子専用の控え室に通された。

2段ベット、たたまれた布団、
ちょっとすえた色の畳の上には、その面積にしては
人口密度が多いんじゃないかと思うくらい人が座っていて
その控え室は混雑していた。

ブラインドが下がっていたからなのか、
部屋の中は薄暗くて、私の今後を暗示してるかのようだった。

みんな大きな荷物を抱えている。

ここにいるみんなが、今のところ住所不定なのか…

適当なところに腰をおろして、
なんとなく目が合った人と挨拶をかわす。

どこから来たの?
もう配属先は決まった?

上京して、泊まるあてのない人は
ここに泊まるんだね。

みんな、なかなか呼ばれない。
誰かが呼ばれると、みんな一様にはっとした表情になる。

新聞奨学生として上京すると決めてから初めて、
うっすらと始まって、じわりじわりと胸の中に
えもいわれぬ不安が押し寄せてきた。

ときどき沈黙におそわれながら、
まわりの人達と会話を進めていくと、
1度配属になった店が合わなくて、
違う店への配属を希望して待っている人が
何人かいた。

「割り振られた自分の部屋がね、3畳で隣とベニヤ板一枚だったの」

その話を聞いて、自分で住む部屋を選べない現実は
こりゃもう運まかせだな、と思った。

でも、私が自分で選んだ道だからひきかえせない。
入学金ももう振り込んでもらっちゃったから、
返すあてなんてない。
腹を決めるしかない。

会館に行けば、すぐに指示があると思っていたのに、
結局、私が呼ばれたのは夕方近くになった頃だった。

「君の大学はこのへんだから、この店ね」

他に選択の余地はないらしく、言われるがままに
よろしくお願いします、と頭を下げた。

会館を出る頃にはもうあたりはすっかり暗くなっていて、
同じ方面に配属になる人達がかたまって移動することに
なった。

配属先への移動途中、新宿のデパートのレストランで
夕食を食べた。

私は、えびチリ定食を注文した。

ずらっと並ぶ十数人の中で、私が注文したえびチリ定食は
一番最初に運ばれてきた。

みんなが私を一斉に見た。
なぜか渡されたおぼんを持つ手がぶるぶる震えた。

みんな知らない、顔、顔、顔。

えびはプリプリしていて、美味しいはずなのに、
まるで味がわからない。

東京に来たんだ。
知ってる人が近くに誰もいない
東京に来てしまった事実を痛感した。





関連記事
最近の記事
カテゴリ
プロフィール

ぴょんきち

Author:ぴょんきち
未就学児2人を子育て中です。うっかりものの母ですが、自分も子供と一緒に成長していきたいな、としみじみ思う今日この頃です♪一度きりの人生、楽しまないとソンソンソン♪だな、と。

新聞奨学生をしながら葛藤していた大学時代の痛すぎる(笑)過去日記もひっそり公開中。

☆彡
FXニュース
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。