スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日テレ水曜ドラマ「リバウンド」を脚本家から楽しむ

日テレ水曜ドラマ「リバウンド」の第3話の録画したのをさっきやっと観ました。

あの銀色の薬を常用する相武紗季と速水もこみち、なんだか怪しい感じの展開になって
きましたねぇ~

新ドラマを観るとき、いつも気になってしまうことがあるんですが、それはどの方が
脚本されているのかということです。けっこう制作スタッフによって特色があったり、
安心してみられる?ような感じがある気がします。

関東ローカルだけかもしれませんが、夕方のゴゴドラの放送枠で大野智さんの「怪物くん」が
再放送になっているので、もしかしたらリバウンドも同じ制作スタッフさん!?と思ったのですが、
調べてみると、菅野美穂さん主演の「曲げられない女」の脚本家・遊川和彦さんがリバウンドの脚本を
担当されているそうです

遊川和彦さん脚本の代表作は、「女王の教室」や「さとうきび畑の唄」だそうです。
ダウンタウンの浜田雅功さん主演「十年愛」(1992年)や松嶋菜々子さんの「百年の恋」(2000年)も
手がけられていて、リバウンドも、今後ますます面白くなっていきそうです。

速水もこみちさんのドラマは、ここ数年は残念ながらちょっと…と思う作品が多かったのですが、
リバウンドは久々に速水もこみち全開!な気がします。役にはまっているといいますか…
設定に違和感がないといいますか…安心して楽しめてます☆彡これも脚本のおかげでしょうか。

速水もこみちさん、実生活でも料理男子、スイーツ男子なんていいですねェ~


【送料無料】MOCO飯 きみを笑顔にする料理

【送料無料】MOCO飯 きみを笑顔にする料理
価格:1,700円(税込、送料別)

関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

ぴょんきち

Author:ぴょんきち
未就学児2人を子育て中です。うっかりものの母ですが、自分も子供と一緒に成長していきたいな、としみじみ思う今日この頃です♪一度きりの人生、楽しまないとソンソンソン♪だな、と。

新聞奨学生をしながら葛藤していた大学時代の痛すぎる(笑)過去日記もひっそり公開中。

☆彡
FXニュース
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。