スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強いリーダーシップが今こそ必要な気がする今日この頃。

良いか悪いか個人的な妄想をひとつ。

総理大臣?政府から、原発の処理に対する危機感は、報道でも伝わってきます。
(後手にまわった初動処理を挽回しようとしてるのかもしれないですが
 悪い意味でとれば、そうしないとすごくヤバいことになるからとか)

では、今現在進行形で、強い放射線をバンバン浴びているであろう原発周辺の
方々へのケアについてはどうでしょうか?

「屋内退避」、「自主避難」、物資はとりにきて。

あれ?なんですかこれ。

原発に時間がとられて、余裕のないのは重々承知ですが、
気象庁の風予測シュミレーションとか駆使して、危険だと思われる区域は、
すみやかに政府や政治家主導で指揮、説明、説得、誘導が必要なんではないでしょうか。
与党とか野党とか関係なしに、普段「国民のために!」と高々と言ってる方々が。。

リーダーシップが皆無というか。。傍観者というか。。

そこんところは全然住民の方の「自己責任」の範疇ではないでしょ(汗)もしもし。

なぜでしょう?

住民が避難することに関しては、「危機感」に温度差を感じてしまう。。
(私が無知なだけか、メディアがそれほど伝えないだけで、必死で動かれている
方はいるかもしれません。ごめんなさい)

仮に、もし、この放射能漏れということ自体が、今だけの話ではなかったとしたら?

福島原発が、
40年運転して、15件?くらい過去に事故を起こした原発だと、どこかの記事で読みました。

多かれ少なかれ事故のたびに、放射能はどれだけ漏れていたんでしょうか?

そこんとこは本当どうなんでしょう。。

あくまで私のすごい妄想ですが、チェルノブイリ事故の被害データだけではなく、
実は、隠蔽された過去の放射能漏れのデータがあって、
過去にもバンバン放射能漏れたことあったけど、実は、みんな知らずに
そんな健康被害なくやってこれてるんです~
だからそんな避難とか危機感感じ無くて大丈夫だと思いますよ~
言ったら隠蔽してた!とか怒られるから言いませんけど~

という心理が働いているのだとしたら、住民への対応のにぶさも
わかりますけど(爆)

原発周辺住民の方々に対する、「必死感」が全然伝わってこなくて、
離れている人達にも、不安が広がっている気がします。

求む!リーダーシップ。
関連記事
最近の記事
カテゴリ
プロフィール

ぴょんきち

Author:ぴょんきち
未就学児2人を子育て中です。うっかりものの母ですが、自分も子供と一緒に成長していきたいな、としみじみ思う今日この頃です♪一度きりの人生、楽しまないとソンソンソン♪だな、と。

新聞奨学生をしながら葛藤していた大学時代の痛すぎる(笑)過去日記もひっそり公開中。

☆彡
FXニュース
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。