スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しあわせはいつも自分のこころがきめる

しあわせはいつも自分のこころがきめる

相田みつをさんの言葉だ。

その言葉を知ったのは、

相田みつお展を宣伝するためなのか、

文庫本にはさまれた一枚のしおり。

強く、つよく、その言葉に惹かれた

そして、励まされた。

当時、新聞奨学生として、

混沌とした気持ちであふれかえっていた自分の

道しるべとなった。

しあわせはいつも自分のこころがきめる

しあわせは、固定概念ではないのだ。

私自身の心で、

判断すればいい。

そう気づかされたとき、

とても楽になれた気がした。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

感謝しています。

「感謝しています。」

「感謝」っていい言葉ですよね。

言うことも、

言われることも、

なんだか、心があったかくなる。

ほんわかした気持ちになれる。

家族や、

まわりの方々に感謝しながら、

生きてゆけたら…

と思います。



新聞奨学生の待遇

久々に日記更新。

高3の今頃、新聞奨学生の制度について
必死になって調べてたなーとふと思い出して
毎日育英会のHPをひらいてみた。

学費貸付金大幅増額

の文字。

私が奨学生だった当時は確か4年制Aコースで上限370万円だったが、
その上限が450万円に増額されていた。

学費の値上がりなども背景にはあるかもしれないけど、
なんだか嬉しいニュースだ。

せっかく4年で卒業できるのに、
学費が貸付金の上限をオーバーしてしまって
まとまったお金を返済しなければいけないって
いう人も少なからずいたから。

新聞奨学生として学業を全うするのはとても大変だけど、
すこしでもその待遇と環境がよくなってくれればなぁと
願ってやまない。

佐賀北高校優勝!

自分とそんな所縁もあるわけではないのに
なんとなく応援したくなる高校 = 佐賀北高校
でした。

うまく言えないんだけど、
ひきつけられるんだよね。
そのプレーひとつひとつに。
チェンジの時のその表情に。

久々に佐賀にいる友達にメールしてみたら、
なんと母校らしく、こっちまでウキウキした気持ちに。

帝京戦、明らかに帝京ペースだったのに、
試合を決める一打が打てたのは「おみごと!」の一言だった。

その時、佐賀北が優勝するのかなーと漠然と思ってたけど
決勝で、こんなドラマチックな試合展開で優勝するなんて
本当、不思議な必然性を感じた。

佐賀北高校、おめでとうございます!

夏の甲子園の前に特待生制度問題で揺れた高校野球。。
優勝したのは公立高校のチームだなんて、
なにかを象徴したかたちになった気がする。

すごいなぁ。

懐かしい場所。

今日は姫の帽子がほしかったので、
ベビー服専門店に出かけた。

その店がある場所は、
かつて私が新聞奨学生をしていた時に
5年間配達区域だったところにある。

車を運転する夫に、
渋滞を避けて、抜け道を指示する。

途中、お客さんだったおばあちゃんが歩いて
いたり、まだ幼稚園だった女の子がすっかり
大きくなって自転車に乗っているのを見かけた。

嫌になるくらい毎日往復してた地域に、
メイトにまたがる私の存在はもうなくて、
配達や集金を通して出会った方々は
今もそこで普通に生活をして時を刻んでいる
んだなぁと少々感傷的になったり…
とにかく懐かしかった!

お店に着いて、帽子売り場に直行して、
色々試しに姫にかぶせてみるものの、
ことごとくかぶるのを嫌がり、
しまいには怒らせてしまった(^^;)
まだ言葉はしゃべれないが、
「いい加減にしてよ~!」て顔してた(笑)

結局、おもちゃをひとつ買って店を後にした。

まだ配達してた頃、
「ここに新しくなにができるんだろ~?」と
めちゃくちゃ期待していたのに、
できたのがベビー服専門店ですごくガッカリした
記憶がある。
「なんだよ、全然役に立たないよぉ~」って。

まさか数年の時を経て、
こんなにお世話になるとは(笑)

わかんないもんだよね~
最近の記事
カテゴリ
プロフィール

ぴょんきち

Author:ぴょんきち
未就学児2人を子育て中です。うっかりものの母ですが、自分も子供と一緒に成長していきたいな、としみじみ思う今日この頃です♪一度きりの人生、楽しまないとソンソンソン♪だな、と。

新聞奨学生をしながら葛藤していた大学時代の痛すぎる(笑)過去日記もひっそり公開中。

☆彡
FXニュース
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。