スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白黒ザー激突歯折れ事件

2005年3月頃、

つわりの症状は全くと言っていいほど
なかったが、妊娠初期の頃は貧血に悩まされた。

妊娠3ヶ月を過ぎた頃、
いつものように会社に出勤するために家を出て、
駅までバスに乗った。

毎日バスはほぼ満員で、
お腹もまだ目立たないから譲ってくれる人も
いるはずもなく、長い坂の道をゆらゆら
揺られながら、つり革にはしがみつき足元は踏ん張って、
駅に着く頃にはフラフラ顔面蒼白になっていた。

普段なら駅のホームのベンチで一息ついてから
電車に乗り込むところなのだが、
ちょうどその日はホームに到着すると同時に
電車がやってきたのでそのまま乗り込んでしまった。

電車も座れない程度に混んでいる。
ひとつ先の駅で乗り換えるため、ドアのすぐ前の
つり革をつかんで立っていたが、

突然信じられないことがおこった。


前が見えない。


テレビ放送が終わった後の「ザー」という
白黒の入り混じった映像に酷似した風景が私を囲んでいる。

目の奥が痛い。

自分の顔は確認できないけれど、
まるでめんたまがくりぬかれたかしたりして、
黒目の色が真っ白になってしまったんじゃ
ないかと錯覚した。

つり革につかまりながら静かに焦っていると
駅に着いたのか、サーとドアが開いた。

降りなくちゃ。

よろよろと電車を降りた。

白黒のザーの映像の奥に辛うじて乗り換える人の群れや
駅の階段のシルエットが見える。

とにかく、一度落ち着かなくてはいけない。

階段を下りてすぐ右手にトイレがあったことを思い出し、
かすかにシルエットで確認できる階段の手すりを
つかみながら足早に階段を下り、トイレを目指した。

階段を降りきったところで、確かにうっすらとトイレの
標識が見え、まっすぐ歩いていく。


ドゴッ。


激しい衝撃と、鈍い痛みと血の味を感じながら
それでも歩き続けたが、ものすごいめまいに襲われて
女子トイレ入り口のすぐ手前でよたよたと力尽き
うずくまった。

どうやら顔半分、思いっきり柱かなにかに強打したらしい。
どうやら銀歯が外れて歯医者にいかなきゃなぁって思っていた
奥歯が折れて、口の中はたいへんなことになっているらしい。

通りすぎる人の視線を感じながら、早く立ち上がらねばと
思ってはみるもののどうにもこうにも動くことさえできず
うなだれていると、1人の女性に助けられた。

「大丈夫ですか!?」

その人に肩を抱えられると、白黒のザーがだんだん消え、
普通に目が見えるようになってきた。

心配そうに見つめてくれているきれいな女性の顔。
同姓ながらドキッとしてしまった。

「私も貧血とかあって、気持ちわかるんですよ。
 なにか飲み物買ってきますね」

ああ、私貧血なんだ。
今更ながらに気がついてしまった。

売店で買ってきてくれたお茶を手渡され、
お金を払わなきゃ!キレイなお姉さんにお金を払わなきゃ!
と慌てて財布を出して小銭入れを開くと、
その時に限って小銭入れには所持金3円(涙)
お姉さんのご好意に甘えてお茶を頂いてしまった。

お姉さんが去った後、駅前のベンチにやっと腰を下ろし
鏡で自分の顔を確認すると、眉毛の上が少し擦り切れて
赤くなっていた。案の定、歯も欠けていた。
後から確認したら、どうやら私は階段とトイレの間に
あるエレベーター乗り場のレンガ調の壁に思いっきり
向かっていって強打したようだ。
26歳にもなって歯が欠ける女って…

つわりがないからって自分の身体を甘くみていたようだ。
貧血にはひじきだ、プルーンだ、とにかく鉄分だ!


ところで、、
今改めて考えると、きっとあのお姉さんは
私よりも年下だったかもしれない。。

でもあの時は、頼もしいお姉さんに見えたのだ!
この際私の年齢は関係ない(キッパリ)

お姉さん、助けて頂いてどうもありがとうございました。








スポンサーサイト

言葉の脅威

心ない言葉は、こんなにも人の心を
深くて苦しい思いに引きずり込むものなのか―

妊娠がわかってから、2回目の検診で
私は凍りついた。


自宅や職場からも通いやすい総合病院の産婦人科に
通うことを決め、初診の日、夫とともに病院の待合室で
スポーツ新聞をみながら自分の番がくるのを待っていた。

前の日は阪神が試合に勝って、夫との会話も
はずんでいた。

妊娠が発覚して不安だった気持ちも、
前回の検診でエコー写真を渡され、
実際に小さな命の存在を目の当たりにすることで、
前向きなものへと変わっていった。

不安もあるけど、うっすらとした楽しみ。。
実感は沸かないけど、お腹の中に命があるんだ。。

待合室を見回すと、少子化、少子化とちまたで
騒がれているのが嘘みたいに妊婦で混雑している。

待つこと2時間、やっと名前を呼ばれた。

産婦人科検診といっても、4ヶ月までは
婦人科扱いなので、夫は一緒に同席することは
できないので、1人で診察室へ。

内診を受けてから、医者の前に座る。


唐突に、
「流産してるかもしれないね」
と言われた。

「え」

血の気がサーと引いていくのを感じ、
頭の中が真っ白になった。

医者の説明は続く。

「いやね、エコーに写ってる受精卵の形が長方形でしょ。
それって奇形なんだよね。来週あたり流れちゃうかも
しれないから覚悟しておいてね。流産っていうのは、
全然珍しいことじゃないんだよ。10人に2人は流産する
んだから。じゃぁ来週まで様子を見ようね。」

「え」

流産しないためには私はどうすればいいんですか?
流産してるかもしれないから覚悟しとけって、ちょっと
あまりに無神経な言い方なんじゃないですか?
流産してない可能性はどのくらいあるんですか?

頭の中で言いたいことがグルグル回るのだが、
言葉が出てこない。

そのまま診察室を後にする。

待合室で待っていた夫の顔をまともに見ることができない。
涙で目が潤んで、待合室にごった返すお腹の大きな妊婦さん達が
ぐにゃりと見えた。

とにかくここで泣くわけにはいかない。
急ぎ足というより半ば走って病院を出た。

駐車場までの道で、せきを切ったように嗚咽がもれた。
泣きじゃくりながら夫に説明をした。

夫は一言、言った。

「祈ろう」








妊娠発覚

「妊娠」っていうと、
お決まりなのが、

「うっ」
と口を手で押さえて
トイレに駆け込む姿だろうか。

え!?まさか!?つ、つわり!!??


そう、
私もそんなシュチュエーションで
妊娠なんぞが発覚するのかなぁと想像して
いたんだが、

私の場合は、妊娠に気づかずにカイロプラティックに
行って、

「あら~?お腹がなんか張ってますね」
の一言で、

ま、まさか~!!??

だった(笑)

バリバリお腹の張りをほぐしてもらっちゃったよ(汗)
や、やばい。

帰りに薬局で検査薬を買って帰宅。

陽性。

もいっちょ試してみても、陽性。

まぁ、そんなこんなで妊娠が発覚したわけです。
ご懐妊おめでと~(^^)

って嬉しくない!!(`△´;)
えっえっ!?やばいんじゃないの、転職したばっかりだしさ。
えっえっ!いやいやどうして想定外ですよ!!

旦那も家族もみんな喜んでくれているのに、
私はオロオロ涙が止まらない。
自分が親になるなんて、子供を産むなんて想像もできやしない。

数日後、
不安いっぱいで産婦人科へ。

無愛想なお医者さんがあまり抑揚のない声で言う。

「妊娠されてますね」

うわー!やっぱし!
うわー!どうしよう(´△`;)
胸はドキドキするわ、ヒザはガクガク震えるわ。

その時、一枚の写真を手渡された。。

「はい、これ、エコー写真ね」

そこには黒くて大きな子宮の中に、
ほんの小さい、ご飯粒のような白い点が写っていた。

不安で押しつぶされそうだった私は、
いっぺんにその神秘的な写真に目が釘付けになり、
しばし呆然と眺めていた。

「これが、命なんだ…」













最近の記事
カテゴリ
プロフィール

ぴょんきち

Author:ぴょんきち
未就学児2人を子育て中です。うっかりものの母ですが、自分も子供と一緒に成長していきたいな、としみじみ思う今日この頃です♪一度きりの人生、楽しまないとソンソンソン♪だな、と。

新聞奨学生をしながら葛藤していた大学時代の痛すぎる(笑)過去日記もひっそり公開中。

☆彡
FXニュース
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。